ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

九州豪雨、有明海の流木回収

 九州北部の豪雨で有明海に漂着した流木やごみについて、福岡、佐賀両県は23日、地元漁協などと連携し、海上で本格的な回収作業を実施した。有明海では、漁船のスクリューが流木とぶつかって破損する被害が出ていた。9月にノリ養殖に向けた準備が始まるため、影響を抑える狙いもある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。