外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州豪雨で被害を受けた福岡、大分両県で6日、自衛隊や消防、警察などが約7800人態勢で不明者捜索や、冠水・土砂崩れで孤立状態となった住民の救助活動を本格化させた。福岡県朝倉市で男性1人の遺体を発見。大分県日田市では、土砂崩れ現場から消防団の男性(43)が心肺停止状態で見つかり、搬送先の病院で死亡した。道路が寸断されるなどしており、安否確認は難航している。福岡県では当初、県内の行方不明者が6人とされたが、うち5人の無事が確認された。

共同通信