外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は24日、九州・沖縄地方と山口県で今年初めて黄砂を観測したと発表した。同庁は視界不良や洗濯物の汚れなどに注意を呼び掛けた。気象庁によると、沖縄県宮古島市と那覇市で一時、視程(水平方向に見通せる距離)が6キロとなったほか、九州各地などで黄砂が相次いで確認された。黄砂は中国内陸の砂漠などで舞い上がった砂が西風に乗って飛来する現象。空が黄色くかすんだようになり、交通に影響が出ることもある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信