外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州電力は12日、玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働をめぐるやらせメール問題の責任を取り、真部利応社長(66)と松尾新吾会長(73)が退任し、4月1日付で瓜生道明副社長(62)が新社長に、貫正義副社長(66)が新会長に就く人事を決定したと正式発表した。12日午後の取締役会で承認した。真部社長は当面、取締役に残るが、松尾会長は3月末で取締役も辞任し、相談役に就く。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信