外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 佐賀・玄海原発をめぐる九州電力やらせメール問題で、真部利応社長の辞任論が社内で強まっていることが21日、分かった。九電が国に提出した最終報告書が枝野幸男経済産業相から厳しく批判されるなど、混乱が深刻化しているためで、社長自身も辞任の時期や条件の検討に入ったとみられる。最終的に引責辞任するのは避けられない見通しだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信