ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

九電、従業員手当20億円削減へ

 九州電力が、人件費のうち財形貯蓄加入者を対象にした給付金と、従業員のスキルアップのための助成金を半減し、年間計約20億円の削減を検討していることが21日、分かった。電気料金値上げを27日に申請するのに伴い、手厚い手当に切り込むことが避けられないと判断した。九電の平均給与(12年3月現在)は833万円で、このうち基本給と賞与を除いた手当などは百数十万円を占める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。