外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米アリゾナ州で2011年1月に起きた銃乱射事件で頭部に重傷を負い、奇跡的な回復を遂げた民主党のガブリエル・ギフォーズ元下院議員が30日、連邦議会の上院で開かれた銃規制に関する公聴会に出席、「あまりにも多くの子どもたちが(銃により)命を失っている。今こそ行動する時だ」と訴えた。公聴会冒頭で証言したギフォーズ氏はゆっくりとした口調で「(後遺症で)話すのは難しいが、大事なことを言わなければならない」と切り出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信