外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 乳がん患者に5年以上の診療が必要かどうかを判断する際の指標となるタンパク質を特定するのに成功したと、滋賀医大と大阪府立成人病センターのチームが14日発表した。再発の有無を予測でき、チームの茶野徳宏滋賀医大准教授(診断病理学)は「完治の目安を示すことで患者に安心感を与えられる」としている。乳がんは8~10年後に再発し死亡するケースがあり、いつまで診療を続けるかが課題だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信