外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 心拍数が異常に多い重症頻拍の生後6カ月の乳児を、体内に入れたカテーテル(細い管)で心臓の異常な心筋を焼いて死滅させ、治療することに大阪市立総合医療センターが成功し、18日発表した。同センターによると、乳児でこの治療が成功したのは国内初で、世界的にも少ない。不整脈治療の幅が広がりそうだ。重症頻拍は、心不全で死亡することもある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信