外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年発生し世界的に流行した新型インフルエンザに対して免疫力があることの指標となる抗体保有率は、10代は65%と高い一方、0~4歳の乳幼児や50代以上では特に低い水準にとどまっていることが、国立感染症研究所感染症情報センターの調査で7日、分かった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信