外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は31日、2015年度予算案の骨格を固めた。一般会計総額を96兆9千億円程度とし、社会保障費は31兆円台後半で調整、いずれも過去最大に膨らむ。税収が伸びるため国債発行額を14年度当初予算より3兆円以上減らし、基礎的財政収支の赤字を半減する15年度の財政健全化目標は達成できる公算が大きい。ただ社会保障費の膨張に歯止めをかけるめどは立たず、厳しい財政運営が続く。

共同通信