外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相が年内の衆院解散・総選挙の意向を示したことで、2013年度予算案の決定が年明けにずれ込む公算が大きくなった。複数の政府関係者が13日、明らかにした。予算案の越年編成は細川連立政権の1994年度予算案以来、19年ぶり。財務省は来年3月末までに予算を成立させたい考えだが、間に合わなければ、景気の下押し要因となる可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信