外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2014年度予算の概算要求総額が、特別会計に計上する東日本大震災の復興費用と一般会計を合わせて100兆円を超える見通しであることが27日、分かった。過去最大だった13年度の要求額102兆4802億円に続き、2年連続で100兆円を突破する。復興費用は13年度の要求額4兆4794億円と同程度になる見込みだ。高齢化に伴い社会保障費が9900億円増えるほか、特別枠で幅広い事業を認め要求額が膨らんだ。

共同通信