外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米東部コネティカット州ニュータウンの小学校で子供ら26人が死亡した銃乱射事件の後、容疑者が使用した同型の自動小銃の販売が米国内で急増していることが分かった。米メディアが18日報じた。事件の再発防止のため、オバマ政権が自動小銃の規制を強化する動きがあることから、銃砲店経営者は「駆け込み需要」と指摘。自衛のために銃購入を希望する市民も増えている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信