ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

事故時のヨウ素剤、説明会で配布

 原子力規制委員会は5日、原子力災害対策指針の改定を決めた。原発事故時の甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の事前配布方法などを盛り込んだ。原発の半径5キロ圏では、自治体が医師立ち会いのもとで住民への説明会を開き、服用の目的や副作用などを説明、注意事項文書とともに配る。副作用に備え、緊急搬送の体制も整備する。関係自治体はヨウ素剤配布に向けた準備、住地域防災計画などに指針の内容を盛り込む。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。