外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故は12日、発生から30年を迎え、遺族や関係者は早朝から墜落現場となった「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)に慰霊登山した。歳月に思いをめぐらせながら犠牲者を悼み、空の安全を願った。

共同通信