外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米国やロシアなど核保有五大国が包括的核実験禁止条約(CTBT)採択から9月で20年となったのを機にまとめた核軍縮に関する共同声明の最終案が14日、判明した。爆発を伴う核実験の一時停止の継続を確認し、他国にも同様の措置を要求したのが柱。名指しを避けながら、今月も含めて核実験を強行し続ける北朝鮮をけん制した形だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信