外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年東京五輪・パラリンピックのシンボルマークとなる公式エンブレムが白紙撤回となった問題で、新しいエンブレム選考に向けて大会組織委員会が設置する「準備会」の座長に、東京芸術大の宮田亮平学長(70)が就任することが15日、関係者への取材で分かった。18日に準備会の初会合を開き、新エンブレム選考の本格的なスタートを切る。

共同通信