外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 アジアに初めて聖火がともった1964年東京五輪から半世紀以上。2020年東京五輪の開催計画は中央区晴海に建設の選手村から半径8キロ圏内に85%の競技会場を配置するコンパクトさが特長になる。7月24日から8月9日が会期。東日本大震災からの「復興五輪」を掲げ、聖火リレーは被災地を縦断し、宮城県ではサッカーの1次リーグを実施。マラソンは国立競技場発着で都心の観光名所を巡って浅草で折り返すルートを計画。

共同通信