外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年夏季五輪の東京招致に向け、超党派でつくる「五輪招致議員連盟」(会長・麻生太郎副総理兼財務相)のメンバー十数人が、16日から4日間の日程でモスクワを訪れることが13日、分かった。開催都市決定への投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)委員が集まる陸上世界選手権の関連行事に出席し、東京をアピールする方針だ。

共同通信