外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1964年東京五輪のメーン会場となった東京・国立競技場で8日、2020年五輪招致成功を祝って聖火台に火がともされた。49年前の開会式で使用された入場行進曲が流され、陸上の日本学生対校選手権に出場した大学生らによるカウントダウン後に炎が上がると大歓声に包まれた。男子400メートルリレーでロンドン五輪5位入賞メンバーの飯塚翔太選手(22)=中大=は「東京開催が決まって、やったと思った」とほほ笑んだ。

共同通信