外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年の東京五輪開催をにらみ、超党派のスポーツ議員連盟(会長・麻生太郎副総理兼財務相)内で、日本オリンピック委員会(JOC)や日本体育協会などの関係団体を統括する新組織「日本スポーツコミッション」(仮称)を創設する構想が浮上していることが20日、分かった。関係者が明らかにした。スポーツ行政を一元的に担う目的で政府が新設する方針の「スポーツ庁」と官民連携で、五輪への取り組み強化を図る狙いだ。

共同通信