外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 リオデジャネイロ五輪の閉会式で2020年五輪を開催する東京に引き継がれた五輪旗が24日、東京都の小池百合子知事や史上最多41個のメダルを獲得した日本選手団の本隊と共に羽田空港に到着した。一行は2便に分かれて到着。全日空機から姿を現した小池知事がタラップの最上段で五輪旗を大きく振り、日航機からは日本オリンピック委員会(JOC)の旗を持った日本選手団旗手で陸上の右代啓祐選手と主将でレスリング女子銀メダリストの吉田沙保里選手が降り立った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信