外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け9日の東京株式市場は、2020年夏季五輪が東京に決まり、経済波及効果に期待が高まって日経平均株価(225種)は大幅反発した。終値は前週末比344円42銭高の1万4205円23銭と1万4200円を回復し、8月6日以来、約1カ月ぶりの高値水準となった。東証株価指数(TOPIX)は25・18ポイント高の1173・00。出来高は約29億3700万株。東証1部全体の9割以上が値上がりした。

共同通信