外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪最終日の21日、陸上男子マラソンの日本勢は佐々木悟(30)が2時間13分57秒で16位に入ったのが最高だった。エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分44秒で初優勝した。石川末広(36)は36位、北島寿典(31)は94位と振るわなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信