外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 フィギュアスケート女子で出産を経てソチ冬季五輪を目指す元世界選手権女王の安藤美姫(新横浜プリンスク)が3日、前橋市の群馬県総合スポーツセンターアイスアリーナで行われた東日本選手権のショートプログラム(SP)を演技し、41・97点で13位と出遅れた。女子は上位5人が五輪代表最終選考会となる12月下旬の全日本選手権の出場権を得る。

共同通信