外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1964年東京五輪の開会式から半世紀となる10日、大会の象徴である国立競技場(東京都新宿区)の聖火台が取り外された。敗戦から20年足らずで平和の火をともした復興のシンボルは、東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に運ばれ展示される。2020年の東京五輪・パラリンピックでは、生まれ変わった新国立競技場の敷地内に記念展示される予定だ。

共同通信