外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本スポーツ仲裁機構は27日、ボート男子のロンドン五輪アジア予選の軽量級ダブルスカル代表最終選考会で補欠になった武田大作選手(38)=ダイキ=が結果を不服として日本ボート協会を相手に起こした申し立てを認め、選考結果の取り消しを命じた。過程が著しく合理性を欠くものだったと判断した。五輪4大会に連続出場している武田選手は、昨年11月の代表最終選考会に参加。その結果、補欠に回された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信