外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東都大学野球リーグ最終週第1日は24日、神宮球場で2試合を行い、亜大―青学大1回戦で、ドラフト1位候補の亜大のエース、東浜巨が13三振を奪って通算420奪三振とし、リーグ最多記録を更新した。従来の記録は大場翔太(東洋大、現ソフトバンク)の410個。試合は青学大が2―0で先勝した。東浜は今季初黒星で、歴代4位タイの通算35勝のまま。亜大は既に3季連続20度目の優勝を決めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信