ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

交付税約1億円を過大受給

 地方バス路線の維持などを目的に地方自治体に交付される特別交付税約1億円を、松江市など島根、宮崎2県の5市町村が2011年度までの5年間に過大受給していたことが3日、会計検査院の調べで分かった。5市町村は松江市のほか、島根県安来市、宮崎県の高鍋町、椎葉村、美郷町。5市町村は、バス路線の運行を維持するために民営バス会社に補助金を出しているが、その経費について国からの特別交付税を受け取っている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。