外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 機内で煙が発生し、高松空港に緊急着陸した山口宇部発羽田行き全日空692便ボーイング787で、操縦室の下にある電気・電子機器室でメーンバッテリーのケースが黒く変色し、電解液が漏れていたことが16日、全日空の点検で分かった。また、昨年10月17日に羽田空港で電源が入らない電気系統のトラブルがあり、このバッテリーに交換していた。交換は通常2年に1回程度という。国土交通省は、職員3人を高松に派遣した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信