外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本新聞協会が主催する第64回新聞大会が18日、京都市東山区のホテルで開かれた。地元を代表し、京都新聞社の白石方一会長兼社長は「大震災でメディアの役割が見直されると同時に、災害報道や危機対応の課題も浮かび上がった」とあいさつ。協会会長の秋山耿太郎朝日新聞社長は「震災の混乱の中、人々は頼りになるのは新聞という思いを強めた」と述べた。大会決議に加え、大震災を受けて、今回は初めて特別決議も採択。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信