外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府久御山町にある寺の前住職ら僧侶2人が実質的に運営する埼玉県毛呂山町の雑居ビルに入居した元路上生活者の男性(62)の預金通帳を管理し、生活保護費などから家賃や光熱費を徴収していたことが6日、男性ら複数の関係者への取材で分かった。ビルにはほかに3人の保護費受給者が生活し、男性は「貧困ビジネスの被害に遭った」と主張。専門家も「受給者を利用する典型的な手法だ」と指摘している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信