ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

京都の貴族邸跡、9世紀の平仮名

 平安時代の貴族の邸宅跡(京都市中京区)で出土した9世紀後半の土器片約20点に「かつらきへ」(葛城へ)など和歌とみられる平仮名が書かれているのが見つかり、京都市埋蔵文化財研究所が28日、発表した。同時期の平仮名は多賀城跡(宮城県)などでも出土しており、最古級。京都産業大の吉野准教授は「平仮名の確立は10世紀と言われていたが、約50年さかのぼることが分かった」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。