ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

京都議定書8年継続の方向

 【ドーハ共同】カタール・ドーハの気候変動枠組み条約第18回締約国会議(COP18)は8日、会期を延長し最終合意に向けた閣僚レベルの調整が続いた。2020年以降の地球温暖化対策の新枠組みづくり交渉では、重要課題の一つだった15年までの作業計画が固まった。来年からの京都議定書第2約束期間については、欧州連合(EU)などの主張に沿った8年とする方向で議論が進んでいる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。