外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府警下鴨署の巡査部長(54)の妻(53)から、夫のドメスティックバイオレンス(DV)でけがをしたとする被害届を受理した別の警察署が、直後に下鴨署に問い合わせ、同署幹部が巡査部長に被害届の概要を伝えていたことが18日、府警への取材で分かった。DV防止法は、捜査や裁判関係者に被害者の安全確保や秘密保持を求めており、府警の対応が問われそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信