外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は20日、国家公務員給与を平均0・23%引き下げるよう求める2011年度人事院勧告の実施を見送る方針を固めた。既に勧告を大幅に上回る7・8%削減の臨時特例法案を国会に提出しているためで、月内に給与関係閣僚会議を開き、勧告実施に必要な給与法改正案は提出せず、特例法の早期成立を図ることを正式決定する。人事院勧告を受けた給与法改正案の提出見合わせは、オイルショック後の1982年以来、29年ぶり。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信