外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 富山県の射水市民病院で人工呼吸器を外された末期患者7人が死亡し、殺人容疑で書類送検された元外科部長の伊藤雅之医師(54)について、富山地検は21日、嫌疑不十分で不起訴処分にした。別の男性医師も、地検は不起訴とした。亡くなったのは50~90代の男女7人。患者の家族に処罰感情はなく、延命治療を望まないと医師が事前確認したケースもあり「重い処分は求めない」とする意見書を付けていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信