ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

人工授精「子に伝える」15%

 男性不妊のため第三者から精子提供を受ける非配偶者間人工授精(AID)を希望し、実施拠点となっている慶応大病院で受診した夫婦112組を対象に厚生労働省研究班が実施した調査の結果、15%が「生まれてくる子にAIDの事実を伝える」との考えを示したことが15日分かった。調査は2010年8月~11年12月に実施し「告知しない」が52%を占めたものの、告知に肯定的な夫婦の割合は08年度の同種調査より増えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。