外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自衛隊の情報保全隊が、イラク派遣に反対する市民集会などを監視していたのは憲法違反に当たり、精神的苦痛も受けたとして、東北6県の107人が、国に監視の差し止めや計約1億円の賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(畑一郎裁判長)は26日、人格権を侵害し違法だとして原告の男女5人に計30万円の支払いを命じた。差し止め請求は却下した。原告側弁護士によると、情報保全隊の監視差し止めをめぐる訴訟の判決は全国初。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信