外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 NHK大河ドラマ「黄金の日日」や映画「異人たちとの夏」などテレビや映画の脚本を多数手掛けた脚本家の市川森一さんが10日午前4時43分、肺がんのため東京都内で死去した。70歳。長崎県出身。葬儀・告別式は、17日に長崎、21日に東京でそれぞれ行われる。日大芸術学部を卒業。特撮テレビ番組「快獣ブースカ」でデビュー。「ウルトラマン」シリーズのほか、「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」などを手掛けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信