ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

人質事件24時間で説得打ち切り

 【アルジェ共同】アルジェリアのサイド情報相は7日、日本人駐在員10人を含む外国人多数が死亡した人質事件に関し「政府は発生から24時間、電話で犯行グループの説得を試みたが、人質の解放を拒絶されたため軍事作戦に踏み切った」と明らかにした。アルジェリア当局が武装勢力の説得を早々に打ち切っていたことが明確になった。首都アルジェでの共同通信との会見で語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。