ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

人質事件、強硬策の背景判明

 【オスロ共同】日本人やノルウェー人を含む多数が犠牲となった1月のアルジェリア南部ガス施設の人質事件で、犯行グループが緊急停止中のガスを再供給しようとし、施設爆破へ向けた動きを本格化させたため、軍が犠牲覚悟の攻撃に踏み切っていたことが1日までに分かった。発生2日目にヘリで人質の車列を攻撃するなどアルジェリア軍が強硬策に踏み切った際の状況などについて、ノルウェーのアイデ外相が共同通信に明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。