外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 アルジェリア人質事件で犠牲になった日本人10人のうち、最後に死亡が確認された日揮前副社長で最高顧問の新谷正法さん(66)の遺体が26日午後、成田空港着の民間航空機で帰国した。日揮などによると、新谷さんは資源開発プロジェクトを統括し、アルジェリアも担当。南東部イナメナスのガス田施設などの現場を定期的に訪れていた。指輪に刻印されたイニシャルなどが身元確認の決め手となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信