外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】アルジェリア人質事件でガス田施設に、犯行グループの武装勢力が所持していたとみられる現場見取り図が複数残っていたことが22日、分かった。グループが施設の配置などを事前に調べていた可能性が高く、従業員らに内通者がいたとの見方が強まっている。地元紙が同日までに伝えた。一方、アルジェリア軍特殊部隊は同日までに、3台の衛星携帯電話を押収。治安当局は通話履歴の解析など捜査を本格化させた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信