ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

人質事件、軍に攻撃の自制要請

 日本人10人が犠牲となったアルジェリア人質事件で、1月16日の事件発生直後にプラント建設大手、日揮アルジェ事務所と、人質となった社員らとの間で交わされた緊迫のやりとりの内容が6日、関係者の話で明らかになった。犠牲者の一人で日揮最高顧問の新谷正法さん=当時(66)=は「(駐アルジェリア)日本大使を通じ、アルジェリア軍に攻撃しないよう要請してほしい」と伝え、ぎりぎりの状況で社員らの命を守ろうとしていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。