ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

人間国宝、三輪寿雪氏が死去

 萩焼陶芸家で人間国宝の三輪寿雪(みわ・じゅせつ、本名節夫=さだお)氏が11日午後7時3分、老衰のため山口県萩市椿東2721の自宅で死去した。102歳。萩市出身。葬儀・告別式は未定。喪主は長男龍作(りょうさく)氏。萩焼三輪窯9代雪堂の三男。1927年に旧制萩中学卒業後、実兄の10代休雪(後に休和)に師事した。67年に兄が隠居し11代休雪を襲名、2003年に長男龍作氏へ休雪を譲った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。