外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 専門家らでつくる気象庁の異常気象分析検討会(会長、木本昌秀東大大気海洋研究所教授)は2日、広い範囲で猛暑となり、地域によって局地的な豪雨や極端な少雨になった今年の夏(6~8月)について「異常気象だった」と位置付けた。気象庁によると、全国927の観測点のうち125地点で最高気温を更新、18地点でタイ記録となった。高知県四万十市では8月12日、観測史上最高気温の41・0度に達した。

共同通信