外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 養殖ウナギの「原料」になる稚魚(シラスウナギ)が極度の不漁で、取引価格が過去最高レベルに高騰していることが6日、分かった。異例の事態を重視し、水産庁は近く対策会議を開く。水産庁によると、09年に24・7トンだった推定漁獲量は10年、11年が10トン以下と2年連続の不漁。今年も極めて低レベルで、昨年同期の半分以下。04年キロ当たり25万円余りだった取引価格は、200万円前後に高騰している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信