外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 今年のサンマ漁が例年にない不漁に陥る可能性が高まっている。水産庁が3日に発表した今年の北西太平洋サンマの推定資源量は221万トンと、昨年の351万トンから4割近く減少。市場では既に卸値が高騰。「秋の味覚」の代表格に早くも高値の懸念が出てきた。資源量はピークだった03年の800万トンと比べると約4分の1に激減。先月8日に北海道東部沖で始まった流し網漁で、漁獲量は昨年の約4分の1に激減。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信